まだお片付けしてないの?

web整理収納アドバイザーのbeeです。アメブロからお引越ししてきました。今までアメブロでは自分の友人に向けて書いてきたので、あまり言いたいことが言えなかったので思い切って新天地でやり直すことにしました。 ネットの世界は年齢も性別も経験も関係なく自分を表現できる場。 私は自分の同世代±10歳の方々に向けて声を大にして言いたい! まだお片付けしてないの? このままじゃ人生終わっちゃうよ。 お片付けして大人可愛い人生を送らない? 年齢なんて自分についた記号や数字にすぎないでしょ。 お片付けして、お家を綺麗にして、大人可愛くなって、ローコストで暮らす知恵を持つ。 それを実践していくブログです。

お片付けができない人に伝えたいたった2つのこと。 1・お片付けができないのはあなたのせいじゃないの。お片付けの仕方を知らないか習ってないだけ。片付けや整理についての学術研究はなされてないの。だからちゃんとできるほうが不思議なくらい。 2・お片付けの基本はたった2つ。それを「こんまりさん」はときめきって言ったの。 じゃあ、どうするの?それはこのブログを読んでね。

2011年08月

今日は蒸し暑い一日でした。


今日は花火大会を家の屋上から見ようと思って屋上の掃除していました。


ほんと汗をかきました。


さて、ここ5年くらいずっと片付けをしていますが、まだまだ終わりが見えない……。


リビングはかなりすっきりとして、これで「完成かな」となるのですが、


ベッドルームが物置と化してします。


というのも、リビングをすっきりとさせ、


大学生の長男も大学以前のモノと決別した生活を1人でしていて、


中学生の娘も中学以前のモノを決別した部屋で暮らしているため、


彼らの決別したモノやらなんやらが



ベッドルームのクローゼットに詰め込まれているからです。


たまにはみだしてくるのを見ると、こうしてモノが部屋を侵食して


気がつくと物置部屋からゴミ部屋へと進化していくのかしら。



「人生がときめく片付けの魔法」の中で、一生に一度の片付けの祭りを


終わらせたら、理想の暮らしが待っているありました。


そう思うと私はずいぶんと長く片付けに心を囚われていたなあと。



好きなこと 好きな物 



理想の暮らしをイメージする

いらないモノ捨てる

残すモノを決める

ひたすら捨てる

捨てるを終わらせる

理想の暮らしが待っている


ということらしいです。確かに一気に祭り気分やらないとだめですね。



そうそう、今日の花火大会に長男は友人を呼んでいて、花火が終わったら


離れの「理想の部屋」に友人たちと消えて行きました。


新しい暮らしをするのに必要なモノだけで部屋を作るといいよと


言ったら、ほんと大学以前をすべて置いていったので、


ちょっとは持って行ってもらえばよかったなあ。


本人は所有権を放棄しているけど、親としては捨てられないモノもあり、


残すモノを決める作業が大変です。










良寛和尚の「鍋一つ」の有難いお話のキモは


こだわりを捨てるということにあります。


これは何用、これは何用と用途ごとにモノを増やすことは意味のないこと。


こだわりを捨てれば一つで十分


ということになるのですが、なかなかどうも……。


さて、「持たない暮らし」第一章~日本の家にモノが多いのはなぜ~の中に


日本の暮らしは和洋折衷であり、四季に合わせた生活様式と


さらに伝統行事を大切にするためにモノが多いと書いてありました。


お茶を飲むのも日本茶は急須で、紅茶はティーポットという具合ですね。


どちらか一つにしたいと思っても、急須で紅茶も、ティーポットで日本茶もなんだかね~。


そういう思いの方って多いのでしょうね。


ハリオールからの茶々丸急須というガラス製のポットが出ていて私も今使っています。


好きなこと 好きな物 



ガラス製で大きな茶こしもついていて、これ一つで


日本茶も紅茶もウーロン茶もハーブティーもなんでもOK。



とても気に入っているのですが、これで4個目です。


ガラス製なので、ちょっとしたことでパリンと割れてしまうのが難点ですね。




白い陶製なんてのもあればいいな~。


↑このページのトップヘ