まだお片付けしてないの?

web整理収納アドバイザーのbeeです。アメブロからお引越ししてきました。今までアメブロでは自分の友人に向けて書いてきたので、あまり言いたいことが言えなかったので思い切って新天地でやり直すことにしました。 ネットの世界は年齢も性別も経験も関係なく自分を表現できる場。 私は自分の同世代±10歳の方々に向けて声を大にして言いたい! まだお片付けしてないの? このままじゃ人生終わっちゃうよ。 お片付けして大人可愛い人生を送らない? 年齢なんて自分についた記号や数字にすぎないでしょ。 お片付けして、お家を綺麗にして、大人可愛くなって、ローコストで暮らす知恵を持つ。 それを実践していくブログです。

お片付けができない人に伝えたいたった2つのこと。 1・お片付けができないのはあなたのせいじゃないの。お片付けの仕方を知らないか習ってないだけ。片付けや整理についての学術研究はなされてないの。だからちゃんとできるほうが不思議なくらい。 2・お片付けの基本はたった2つ。それを「こんまりさん」はときめきって言ったの。 じゃあ、どうするの?それはこのブログを読んでね。

2012年02月

食器拭き用の「白雪ふきん」の使い心地がとてもよかったので、台ふき用に「白雪ふきん」を


買いました。洗いたてはフワフワして柔らかく、よく水を吸い取ります。使い終わったらもちろん手洗い。



好きなこと 好きな物 


ところで、ヨーロッパではキッチンクロスにいいものを揃える習慣があるとか。


「母から娘へ受け継ぐ伝統」とか、いいなあ~。


リネン(亜麻)のキッチンクロスは丈夫で吸水性がよく、速乾性があるそうですね。


使ったことないのでよく分からないのですが、それならこの蚊帳生地で作られた「白雪ふきん」と


同じだなと思いました。



私は自分の母から受け継いだ家事の仕方とかお料理とかがほとんどなく、「母から娘へ受け継ぐ家事」


というような記事を読むと、なんとも自分が切なくなってきたりするのですが、高度成長期は家庭が一気


に電化した時代で何もかもが新しくなり、庶民には伝統的なことが古くさく、貧乏くさく感じる時代だった


ので仕方がないところでもあります。


ただ、バブル以降は家電はそれほど革新的なものはなく(パソコン環境を除く)、落ち着いた状態にある


と思うので、今は古い物を見直したり、取り入れたりするのに、いい時期だと思います。


私は貧しかった高度成長期からバブル、さらにバブル以降も豊かさを実感できた時代に生きられたので


恵まれていたなあとつくづく思います。ただ、この豊かさがこれからも続くわけもなく、お金がないと


生きられない生活の仕方は見直しておかないと老後が大変なことに……。







バイト先は小さな会社で社員さんたちは語学系のバリバリの文系で、シスアド(システムアドミニスト


レーター)さんなどいるわけなく、パソコン環境は自分でしなくてはなりません。


このところパソコンの調子が悪く、修理に出したり、古いPCを使ったりしています。


そのたびに、配線をつなぎ直しているのですが、机の裏の配線がとにかくぐちゃぐちゃで適当に


抜いたりしていると、


社員さん「あ~、本体落ちた~」とか、


社員さん「ネット切れた~。勘弁してくださいよ~」ということにしばしばなります。


今日は配線もまとめてすごくすっきりとさせました。最近ではバイト先でも片付けてばかりいます。


配線がぐちゃぐちゃなので、


私「すごいですよね。これって『未来世紀ブラジル』みたいですよね」と言うと



好きなこと 好きな物 

社員さんA「……」


社員さんB「未来世紀ブラジルってSFの古典ですよね。俺、生まれてないんじゃないかな」


社員さんC「なんか見た覚えあるけど、配線がぐちゃぐちゃなこととどういう関係があるの?」


私「うそ~ん。未来世紀ブラジルはテリー・ギリアム監督で、徹底した情報管理社会を描いていて、


コンピュータが発達しているように見えて、壁の中はダクトと配線がめちゃくちゃに張り巡らされてる


わけ。だから配線がぐちゃぐちゃなことをね……でも、まあ、いいです……」


家に帰ってから、このことを話したら娘に


「前々から思っていたけど、お母さんの例えは変。髪の毛を二つに分ける時いつも頭の後ろを


モーゼみたいにぱっかり分ける』って言うでしょ。聞き慣れてるからなんとも思わないけど


こんなの他の子には絶対通じない」


私「劇団ひとりの小説「陰日向に咲く」でもホームレスのあだ名がモーゼ。でそれって、そのホームレス


風貌と匂いで彼が歩くと人がよけて、道をあけるさまが紅海を割って渡るモーゼのようだってことで、


これは割と普通に使わない?」


娘「使わない(きっぱり)」



やはり変かな~。すごく心配になって、「未来世紀ブラジル 配線」でグーグル検索したら4460件も


ヒットしました。やはり私はネットの世界に生きてるんだなあ。


先週の土・日の2日間にフラワーアレンジメントの展示をしてきました。


いつもレッスンに借りている自治体の会館で行われる文化イベントへのグループ参加です。



好きなこと 好きな物 


私の担当したのはファンという扇のシェイプのアレンジになります。


グループのテーマはウェディングのテーブルを華やかに飾るというものでした。



好きなこと 好きな物 


大きなアレンジはこういう時しか作ることはないので、すごく楽しいです。


展示が終わって家に持って帰ると、なんというか、豪華すぎるというか部屋には分不相応なのですが、


百合がとてもいい香りがして、お部屋が華やぎます。







スマホ欲しいです。周りの方が使いだすとなんだかソワソワしてしまいます。


スマートフォン持っていないけど、欲しいなあ、ということを知り合いの方に話したら、


「Wi-Fi搭載のいい機種があるから、それを使ってお家の回線をキャンセルしてパソコンの


ルーターとして使ったらいいんじゃない」と教えてもらいました。それってテザリングっていうらしい。


早速主人にその話をしたら、家はADSLで無線LANで4台つなげているし、それより安いプランはないと


思うよと即効却下されました。


娘にも「テザリングするなら私のにしてよ。お母さんがいないとPCが使えないなんて不便すぎる」と


即効却下。


もともと携帯は数少ないメールと家族との連絡用の通話程度で毎月1000円程度のユーザーです。


スマートフォンの必要がないのは分かっていたけど、それならWi-Fiが使いたいです。Wi-Fiが。


今使っているパソコンをハードディスクとして残して、タブレットPCかモバイルPC+Wi-Fiにしたいと


バイト先の方と話したら


「え~、いらないでしょ。自転車通勤だし、会社のPCはネットにフィルターかかっていないから、


お昼とかは自由に見れるし、メールもWEBからできるじゃない」と言われてしましました。


そうなんですよね。ほんと必要ないです。


長男「だいたい何に使うの?スタバでブログの更新でもして素敵な私を演出したいとか、ウザwwwww


良寛も鍋一つなんでしょ。だったらパソコンも一つで十分でしょ」


まったくその通りです……。


ガラケー+時計(Gショック)+電卓+デジカメの自分最強(2ちゃん的にだけど)




ガラスのコップとかタンブラーとかも頂いたり、ノベルティーでもらったりとごちゃごちゃと増えてきて、


それでいて揃っていないのでこの機に一度全て処分して買いそろえることにしました。


タンブラーを一つとってもとても種類が多く、何を選んだらいいのかよくわからないので、カフェや


ファミレスでよく見るものにしました。デュラレックスというものらしいです。



好きなこと 好きな物 


家族にはデュラレックスのタンブラーでこれから全ての飲み物(コーヒーと日本茶を除く)を飲んで


欲しいのだか、いいかどうか一応確認してみました。


主人「あ、これパイレックスね。ビール、梅酒はいいけどワインもなの?」


私「これはデュラレックス。安いファミレスだとワインもこんなので出てきたから大丈夫」


長男「よく行くラーメン屋はこれで水がでてくる」


私「カフェもなんかもお水はこれ。業務用に使っているところは多いよ」


娘「紅茶もこれで飲むの?持つと熱くて飲みずらいよ。マグカップはだめなの」


私「大丈夫。耐熱になっているから。マグカップだと茶渋がつきやすいからできればこれで。


だいだい良寛さんはお鍋一つですべてをまかなったのだから、タンブラ-、マグカップ、湯のみと


種類もあるだけ有難いことなんだよ」


主人「なんで良寛の話を僕まで聞かされるの」


長男「そんなにすっきりした生活がしたかったら出家すれば」


私「『坂の上の雲』でも秋山好古さんが東京で旧旗本のお屋敷のぼろぼろの小屋みたいところで


下宿していた時、身辺は単純明快がいいって言って、おわん一つだったじゃない。


日本人にはこういうすっきりした暮らしが性に合っていると思うのだけど」


主人「でもその後、旗本のお姫様と結婚してそこそこの暮らしになってなかった?」


私「まあ、そうだけど……」



秋山好古の名言 「身辺は、単純明快でいい。」はいい言葉だと思いました。


今の暮らしは用途に応じて物を揃えることが多すぎるように思います。良寛さんのお鍋一つや


秋山好古さんのおわん一つは極端ですが、こだわりを捨てれば事足りるということなのでしょう。











↑このページのトップヘ