まだお片付けしてないの?

web整理収納アドバイザーのbeeです。アメブロからお引越ししてきました。今までアメブロでは自分の友人に向けて書いてきたので、あまり言いたいことが言えなかったので思い切って新天地でやり直すことにしました。 ネットの世界は年齢も性別も経験も関係なく自分を表現できる場。 私は自分の同世代±10歳の方々に向けて声を大にして言いたい! まだお片付けしてないの? このままじゃ人生終わっちゃうよ。 お片付けして大人可愛い人生を送らない? 年齢なんて自分についた記号や数字にすぎないでしょ。 お片付けして、お家を綺麗にして、大人可愛くなって、ローコストで暮らす知恵を持つ。 それを実践していくブログです。

お片付けができない人に伝えたいたった2つのこと。 1・お片付けができないのはあなたのせいじゃないの。お片付けの仕方を知らないか習ってないだけ。片付けや整理についての学術研究はなされてないの。だからちゃんとできるほうが不思議なくらい。 2・お片付けの基本はたった2つ。それを「こんまりさん」はときめきって言ったの。 じゃあ、どうするの?それはこのブログを読んでね。

2012年04月

すっきりと痩せたいとずっと思っていますが、ふとBMI/標準体重計算をしてみたら、22の全くの標準値で


した。


でも、だいぶ良くなったとはいえ、冷え症も花粉症もむくみも肩こりも神経痛も残っています。


まだまだカラダに余分な脂肪と水分と老廃物があるんだろうな……。


そんな中、今日は大学時代の友人に誘われて、薬膳火鍋をいただいてきました。


(今年に入ってから高校や大学や会社時代の友人から嬉しいお誘いや懐かしい連絡をいただくことが


あり、人はつくづくつながっているものなのだと思います。


さて、いただいたのは「変わらない美味しさと美肌、デトックス、疲労回復実感の鍋はリピーター続出!」


ぐるなびでも紹介されている料理、お鍋の目の前にしたらもうテンションが上がります。



好きなこと 好きな物 


左側はさっぱりとしたスープで鳥ガラをベースに数十種類もの天然の漢方植物エキスが煮込んであり、


右側は香辛料が効いていて、同じく数十種類もの天然の漢方植物エキスが煮込んであり、


お好みで二つのスープを混ぜ合わせて飲むというものです。


このスープでいただく野菜もお肉もとにかく美味しくて、こんなに美味しいお鍋は初めてでした。


お店のお品書きにもこのお料理は滋養強壮、美容、抵抗力アップ、風邪の予防にも効くと


書かれており、友人たちと


「これは、お肌に効くね~」


「明日もうぷるぷるじゃないの~」


などど大喜びでいただいていたのですが、ふと1人が


「どうする、明日何も変わっていなかったら?」


「え、」



好きなこと 好きな物 


まあ、確かに50過ぎるとそう簡単に効果も出ないかもなあ。






 



痩せたい理由の一つに、健康になって、外見若くして、できるだけ長く働きたいと思っています。


できれば55歳まで、いや、できれば60歳まで、もっとできれば65歳まで。


民間で働けなければシルバーさんとして地域のために、もう元気なうちはず~っと働いていたいと


思っています。


もちろん今は経済的な意味もありますが、報酬は必ずしもお金でなくてもいいのです。


ねぎらいの言葉とか、みかんとか、りんごとかでもいい。とにかく働く場のある生き方がしたいのです。


仕事といっても事務しかできないのですが。仕事の内容もホームページの更新とか

「そちらの情報誌を定期購読したい」→「かしこまりました。ご送付いたします」


程度のやりとりですが、それでも朝起きて、今日も仕事があるという生活が好きなのです。


健康で外見が若ければ、働く上でのインセンティブが大きいかな。


いつか今のところで働けなくなったら、またどこかに履歴書を送らなければならないので、


その時、「え、この人50歳過ぎてるの?」というような外見になっていればどこかで


雇ってくれるかなとふんでいるのですよ。



好きなこと 好きな物 














昨日の暴風が信じられないくらい、今日は晴れた春らしい一日でした。


今日、娘と美容院に行く約束があったので、昨日は無理して7時くらいまで仕事をしていたので、


全身ビショ濡れになって帰ってきました。つらかった……。


さて、ふと春らしく髪をふわふわにカールさせてみたくなりました。最近では割と年配の方でも


パーマをかけて素敵にしているので、美容師さんにその旨お願いしたら、


「ぜひやりましょう。きっとお似合いですよ」と言ってくれたので、シャンプーして、アロマでマッサージ


してもらって、カットして、パーマをかけて、髪を乾かしたら、素敵なふわふわの髪になっているはず。


全て終わって鏡に映った自分をみたら、ピースの又吉さん……みたいです……。



好きなこと 好きな物 


娘「お母さんの髪、お母さんが前に作ったアメーバピクそっくり。普通自分に似せてピグ作るのに、


ピグに似せるって珍しいね」


家に帰って主人には「60年代の安保闘争の時の学生みたいだね。なんかぼさぼさの髪のさ」


私「これは、ぼさぼさでななくてふわふわなの」


主人「悪い。悪い。じゃあ、髪の短いジョンレノンかオノ・ヨーコ」


だ~か~ら~、ぼさぼさじゃなくて、ふわふわなの。










ふと、鏡に映った自分の姿を見て、「持たない暮らしっていいながら、自分、結構脂肪とか、余分な水分


とか溜めこんでない?」って声が聞こえたように思いました。


持たない暮らしなら、モノを持たないだけなく、カラダも余分なモノを持たないようにしたいなと。


斎藤薫さんの言っていた、「カラダを変えたいなら、まず部屋を片付けなさい」ってこういうことなのかも。


自分のカラダに余分なモノ(脂肪とか老廃物)とかを抱えていたら、部屋と暮らしと自分に整合性が


持てないし、持たない暮らしの部屋の住人がメタボだったらやっぱり様にならない。


実はあと2カ月で51歳の誕生日を迎えるので、それまでになんとかカラダをすっきとさせることに


しました。



具体的に何キロ痩せるというのではなく、いらない脂肪と老廃物と余分な水分を除いたらそれでOK。


南雲先生も著書の中で「健康に関する本を書いている著者の外見が年寄り臭かったら、その本の


内容が信じられない。医者として自分自身でこの空腹健康法を実践して、この外見を見て判断して


ほしい」というようなことを書いていました。


知行合一を実践している人の言葉には重みを感じるなあ。


持たないカラダになってすっきりしたら、思い切ってフェイスブック用に写真撮るつもり。


今まで自信なくて逃げていたからなあ。あと、もしもの時にも使えるしね。












↑このページのトップヘ