まだお片付けしてないの?

web整理収納アドバイザーのbeeです。アメブロからお引越ししてきました。今までアメブロでは自分の友人に向けて書いてきたので、あまり言いたいことが言えなかったので思い切って新天地でやり直すことにしました。 ネットの世界は年齢も性別も経験も関係なく自分を表現できる場。 私は自分の同世代±10歳の方々に向けて声を大にして言いたい! まだお片付けしてないの? このままじゃ人生終わっちゃうよ。 お片付けして大人可愛い人生を送らない? 年齢なんて自分についた記号や数字にすぎないでしょ。 お片付けして、お家を綺麗にして、大人可愛くなって、ローコストで暮らす知恵を持つ。 それを実践していくブログです。

お片付けができない人に伝えたいたった2つのこと。 1・お片付けができないのはあなたのせいじゃないの。お片付けの仕方を知らないか習ってないだけ。片付けや整理についての学術研究はなされてないの。だからちゃんとできるほうが不思議なくらい。 2・お片付けの基本はたった2つ。それを「こんまりさん」はときめきって言ったの。 じゃあ、どうするの?それはこのブログを読んでね。

2015年08月

ミニマリスト:最小限主義者

自分の私物を処分するのは勝手だけど、家族共有の物を処分する時は一応確認するようにしています。
今朝は常備薬の入っている引き出しの中をちょっと整理してから出勤予定。

爪切りって買った覚えがないのに、5つもあった。
自分があまり使わなのでなんとなく存在していたのだけど、家族がどれを使っているのか良く分からないので、確認してから使わないのは処分しようとしたら、主人に「まだ仕えるのに」と何気なく言われてしまった。
私がこういう生活スタイルなので、処分してることにはあまり何も言わないのだけど(すっきりした生活空間というベネフィットを享受しているからね)、何気なくそう思っていることを言ってしまうのだろうな。ごめんよ~、なんでも捨ててしまって。

人が物を持つ理由の一つが「まだ使えるから」。
確かに使えるけど、使わないのも事実。使わないから処分するのだけど、なんとなく責められている気がしてしまう。

「人は物を所有しているつもりでも、いつのまにか物に支配されてる。」って誰の言葉だったろう。
物を使っているときは主体は自分にあるけど、使わない物は主体が物になってしまって、使わない自分が悪いような気になってしまう。
だから部屋の中で目に入る物は全て必要な物だけにしたいのかも。

と、いうわけで使わない爪切りは処分してしまったのだけど、片付けてるようでもまだまだ捨てきれない物がある。

ミニマリストまでの道はまだ遠い。

 







ミニマリスト:最小限主義者

クローゼットのミニマム化進行中。
ほんとうに着る服だけ、この服何かと合わせたら着られるとか、着ないけど高かったからとか、服を見た時に「何かを思わされる服」は全て処分することにしました。
この服を活かすにはどうしたらいいかとか考えるの苦手。というか面倒くさい。
ほんとおしゃれさんじゃないから。
服のコーディネートが得意な人、リフォームが得意な人って羨ましいとは思うけど。

そう思うと、ワンピースってよく出来てる。
一枚あればコーディネートで悩むことない。ジャケットとカーディガンがあれば十分で生地がよければそれなりに見えるし、取得コストも半減する。
あと、あまり流行に左右されないクラシカルなワンピースを揃ええるようにしてる。
(これだけは年の功だなって思える。)

今、どこでも夏服のバーゲンセール開催中なので、昨日ワンピース一枚だけ購入(ほんとお安い)。
これでワンピース6枚目。
ワンピース10枚で一年中過ごすのが当面の目標。

さて、買ったのがノースリーブでミニ。
自分でもどうかしてるとは思うけど、つい先日「アドバンスト・スタイル」観てきたばかりで、高齢のお姉さま方が「ファッションは自分の身体で着て表現するもの」と堂々とおっしゃていたので、「大丈夫。着られる。」って自分に言い聞かせてる。

自分がワンピースの利点に気が付いたことが嬉しくて、つい娘に

私「スカート・パンツとシャツ、カットソーとかの組み合わせっておしゃれだと思って自分がしているようでも、実はさせられてるんだよね。女の人により多くお金を使わせる仕組みが確立してる。こういう世界で生きていくのは大変だね。」
娘「お母さんだってワンピ買った時点で同じじゃないの?オワコンのお母さんと一緒にしないで。
そんなにお金のかからない女になりたいんだったら、ワンピなんて言ってないで体に布を巻き付けて過ごせば?
尊敬するマザー・テレサはサリー2枚で過ごしたんでしょ。真似すればいいじゃない。」

私「・・・・・・。学校の3者面談それで行っていいならそうしてもいいけど。」

娘「・・・・・・。」

 










↑このページのトップヘ