しょうが紅茶はいろいろなところで紹介さてています。


有名なところとしては、


石原式「朝だけ紅茶ダイエット」でしょうか。


しょうがには体を温める効果があるのは一般的に知られていますが、


かなりの漢方薬の成分にも入っているそうです。


花粉症の時期になると漢方薬の「小青竜湯」を常用してしまうので、


今から、体の水分を抜いて代謝をあげていくと、花粉症も軽くなるかなと思って


しょうが紅茶をはじめてみたのですが、


最初は毎回生姜をすってはちみつと一緒に紅茶にいれる

毎日となるとめんどくさい。

しょうがをピーラーで薄くスライスしたのをはちみつにつけておく。

紅茶から残ったスライスした生姜を食べてみると、お湯で洗った「がり」みたいな味。

50までにしておきたい3つのこと

おいしくない。

しょうがをまるごとすりおろして、はちみつにつけておく

はちみつとしょうがの量が合っていないのか、紅茶にいれると


「きく~」という感じになる。←イマココ


ほとんどお薬って感じですね。


もっとおいしくできないかな~。