クリスマスの時期になるとイエス様の生誕を表した人形がカトリック教会には飾られます。


久しぶりに見てみたくなったので、ふらっとカトリックの教会まで見に行きました。
128bdbf9.jpg


679330e6.jpg

東方の三博士までちゃんとあります。


その日はちょうど大学生による聖歌隊のコンサートが教会内で開催されるというので、


これも何かのお導きと思い、聞いて行くことにしました。


教会は最近建て替えられたそうです。自然光が入り、西日の差しこんだステンドグラスは


とても美しく輝いていました。


大学生による聖歌隊のコンサートは、天使ガブリエルによる受胎告知から


イエス様の誕生までを讃美歌で表したもので、歌声は円形の教会に響いて


とても美しいものでした。


指揮をされていた司祭様がコンサートの最後に


「みなさんとご一緒に讃美歌を歌いましょう」と


言われ、「あめのみつかい」を歌うことに。


カトリックの女子高卒業以来となりますが、せっかくなので、


グロ~ォォォォオ~ォォォォオ~ォォォォオ~リア~


イン エク シェル シス デェ~エ~オ~と一緒に歌ってきました。


「ぶらり途中下車の旅」みたいだなと思ったけど、なんかいい一日でした。