ABCクッキングスクールのケーキコースで習った紅茶のシフォンケーキを


家で何度か作ってみましたが、初めてうまく焼けたのがのがこれ!



好きなこと 好きな物 


NHKBS「デスパレートな妻たち」の4人の主人公のうちの1人、


お料理が上手なブリ―に、ウィステリア通りの住民の1人が


「お菓子を上手に作る秘訣ってなんですか?」と聞くと彼女


「お菓子は絶対にレシピ通りに作らなくてはだめなのよ。」と


答えるシーンがあって、その時初めて


”お菓子はレシピ通りに作ることが、上達の基本”なのだと知ったのでした。


いままで味が安定しなかったのは、いつも適当に作っていたからなんだと


初めてわかったわけでして、ほんとこの世は知らないことばかりです。


それでABCのレシピ通りに何回か挑戦したのですが、焼きあがりは


ふっくらしてもすぐしぼんでしまったり、うまくふくらまなかったりとあって、


メレンゲはかなりうまく立てられていたので、考えられるのがサラダオイルでした。


ABCの講師の方が、何気なく「コレステロールゼロとかのエコオイルを


使うとケーキが膨らむのを阻害するみたいですね。」とお話されていたのを


思いだし、使っていたサラダオイルを見ると「コレステロールゼロ」と


しっかり書いてありました。


そこでサラダオイルを棉実油100%に変えて焼いてみたらちゃんと


できたので、やはりサラダオイルが原因だったのでしょう。


教えてもらうというのはほんとうに有難いことです。