いいふきん、ちゃんとしたふきんが使いたくなりました。


好きなこと 好きな物 


この年になるまでふきんについて深く考えたことがなく、とりあえず拭ければいいかなと思っていました。


使っていなかったミニタオルをふきんにした時はとてもいいアイデアだと思ったのですが、


一回洗い物をすると拭くのにミニタオルを4、5枚使う

手で簡単に洗って干す


この作業がめんどくさくなって、,いわゆるタオル地のふきんを使うようになったのですが、


やはり一回洗い物をすると拭くためにタオル地のふきんを4、5枚使う

手で簡単に洗って干す


ミニタオルでもタオル地のふきんでも薄地だと


一回洗い物をするとふきんを4、5枚使う

手で簡単に洗って干す


という、結局はこの無限ループでとにかくめんどくさい!


薄地のタオルはふきんに向いていない!一回の洗い物でふきん1枚くらいがいいなあと。


ABCクッキングで使っているふきんの使い心地がとてもよいので、


東急ハンズで探してみたのですが同じ物がなくて、目にとまったのが奈良の「白雪ふきん」でした。


蚊帳生地で作られていて、糊をしっかり落としてから使うととても柔らかく、

吸水性にも優れているので今までの一回の洗い物だとだいたい1枚ですみます。


好きなこと 好きな物 

奈良はもともとは蚊帳の生産が盛んだった地域で、蚊帳を作るときの余った切れ端で


ふきんを作って自家用にしていたのが「白雪ふきん」の始まりだそうです。


日本の道具は美しくて機能的で、長く使えて、ほんとうにいいなあと思います。



昔ながらの生活の道具を整えて、質素な暮らしをするのが理想ですが


実はPCと通信機器だけはハイスペックが希望です。


生活そのものはロースペックでいいので、例えて言うならタイのお坊さんが


法衣をまとって素足にサンダル履きでスマートフォンを使っているような感じでしょうか。


このことを主人に話したら


「ちょっと何言ってるのか分からない。質素な暮らしならスマホは贅沢」と言われましたけど。