よくお片づけ本に「片付けとダイエットは似ている、入る量より出る量を多くすれば必ず痩せていくし、


部屋も同じで入る量より多く処分すれば必ず片付く」と書かれています。


確かにそうだと思うのですが、部屋を片付けていく過程で物を処分するのは自分の手で行いますが、


痩せていこうとすると食べる量をセーブして、代謝を良くしてエネルギー食べた量よりを消費していかなくて


なりません。


カラダの中に手を突っ込んでいらない脂肪を取りだしてべたって、捨てられたらどんなにいいかと思って


しまいます。


要らない脂肪を自分の手で捨てることができないことが片付けとちょっと違うなあと。

代謝を上げてエネルギーを消費するための努力が苦手なのです。運動するとかね……。

ところで、久しぶりにサウナに行くことができて、3回も入って汗を流してきました。サウナについては


健康本は概ね否定的なので、いいと思って入ったわけではないのですが。


ただ、汗を流しているとカラダの中の要らない水分が出ていく感じがしてとても気持ちよかったです。


美・メソッドVol3のテーマが「脱ぎ捨てます!去年までのカラダ!」で字義どおり脱ぎ捨てられたら


どんなに楽かって思います。