娘がお友達を呼ぶというので、リビングや洗面所を掃除していたら、


離れに暮らしている長男がふらっとやってきて


長男「これ、コントローラー。渡しておいて。友達来るから数が足りないって貸してくれって


言っていたやつ。あ、、俺、今から風呂はるわ」


私「ちょっと待って。私、これから会社に行ってしまうし、あの子今、友達を迎えに行った


ところだからもうすぐ帰ってくるけど」


長男「大丈夫、俺、速攻ではいるから。3秒で出る」


私「でも、もし、娘と友達が帰ってきて、あ、ちょっと手を手を洗わせてと洗面所にきて、


ちょうど風呂上がりのあなたと鉢合わせしたらどうするよ。相手は女子中学生よ。


一生のトラウマになったらどうするのよ」


長男「だよな~。じゃ、俺自分の部屋のシャワーにするわ」


私「そうして」


取り合えず長男は追い返して、シフォンケーキとマドレーヌを焼いておいたので、それを


置いておきました。


仕事から帰ったらちょうどみなさん帰るところで、


「すごく美味しかったです。ご馳走さまでした」とご挨拶していただき、ほんとうに


いい子たちばかりで、焼いておいてあげてよかった~と思いました。


また来てね。あと、これおみやげ。


好きなこと 好きな物