玄関前のまつりかの花もピークを迎え、散りはじめました。

以前ご近所だった方に昨日来ていただいて、お花見しました。

木の下から花を見上げると、ものすごくいい香りに包まれるので、これが一番のおすすめ。

私「一番の見ごろは先週の母の日だったのよね。でも母の日って、皆さん

ご家庭でそれぞれ心温まるイベントがおありだと思って、声をかけなかったの。」

友人A「え、ないよ、そんなもん」

友人B「先週って母の日だったっけ」

友人C「この花見に声かけてもらったほうがよっぽどよかったわよ。」

友人A「じゃ、来年は母の日にここに来る。」

子供が大きくなるとまあ、そんなもんよね。来年は一番の花の盛りにぜひ。


リビングでお茶しながら昔話をしていたのだけど、皆に言われたのが、

子供が小さかった時にお邪魔したことろとぜんぜん変わっていなくて、

築何年なの、むしろ怖いとのこと。

壁とかのリフォームはしたけど、ダイニングテーブルの配置は変えていないし、

キッチンはそのままなので、築20年以上、水回りも古いまま。

掃除して、掃除していたら、結構綺麗になって、日本の建築素材の良さを感じられます。

目指すところは、松田聖子さんのような家。

あ、松田聖子さんがお住みの豪邸ということではなく、松田聖子さんそのものという意味。

それなりのお年なのだろうけど、テレビでお見掛けした限りではお幾つかはわからない。

年齢不詳の存在ってことで。

家を芸能人に例えるのがおかしいとすれば、よく手入れされたお寺とかな。

古いけど、よく手入れされて綺麗。

友人には、着々と家の中で領地が広がっているねと言われましたが、

こうなったら、家、敷地すべて綺麗にして占領するつもり。

私の手中に収まる日もそう遠くない!ふっ、ふっ、ふっ。