肌断食というのがあるらしい。

肌断食 ---スキンケア、やめました/河出書房新社
¥1,512
Amazon.co.jp


一切のスキンケアをしないで、肌本来の再生の力を蘇らせるというもの。


とりあえず、夜とお出かけしない週末から始めることにしました。


ここ数か月お顔につぎ込んできたので、肌の状態が良いのと、


もともとコスメフリークではないので、実はスキンケアが面倒臭いのだ。


スキンケアってどうしたらいいのか分からずにここまできてしまったようなものだしね。


唇と目元は乾燥するので、ちょっと化粧水つけるけど、あとは大丈夫そう。


それと、お顔にかなりつぎ込んでしまったので、ずっと欲しかった「マイクロソフト サーフェス」が


買えなくなってしまった。けど、-3歳の自分になったらすっかり満足してしまって、


欲しくなくなってしまったのだ。なんであんなに欲しかったんだろう。


たぶん、おしゃれなカフェでスマホやタブレットしている人を横目に


「私、コンテンツ見てるだけじゃないのよ、コンテンツ発信している側なの。」って


恰好つけたかっただけなんだろうな。ブログ書いてるだけなのに……。


この週末、娘と神戸に行くことになったので、この機に情報も断食してしまおう。


ガラケーだから、PC持っていかなければ割と簡単に情報が遮断できてしまう。


ネットの情報を見ることに慣れてしまうと本が読めなくなってしまうのが一番の理由。


「ターシャの庭」の絵本作家のターシャ・テューダーのエピソード。

ターシャの庭/メディアファクトリー
¥3,024
Amazon.co.jp

バーモント州も山奥で広大な土地でガーデニングをしていたターシャは新聞も取らず、


俗世のとは隔絶した世界で暮らしていたところに人が訪ねてきて、新聞があることに気づき、


やはり大統領選(ターシャ・テューダーは名前の通りアメリカの名門の生まれ)は


気になるのかと尋ねたところ、これは球根をくるんでいただけと答えたそうなのだ。


今をアップデイトして生きることに少し疲れた時、ターシャをお手本にして、


「私、ガラケーなの。スマホの使いかたも良く分からないし、ネットもあまり見ないから。」











ちょっとずれた感じの人でいくのもいいかなって。