他者から見て、この人って一生こうなんだろうなあとか、残りの人生こうやって過ごしていくんだろうなあって思える人はいいなあ。

先日、友人の日本画の作品展を見てきました。私は、美術、ましては日本画について何も分からないのだけど、もう出会った時からずっとに日本画を描いている彼女の絵を見るのは好き。

「モデルにしたうさぎがいるんだけど、そのうさぎ、性格悪いのよ。まるで腹黒い中年女のようでさ。」って絵について説明してくれたけど、なんかよくわからなくてごめん。

腹黒い中年女ってまさに私たちのことじゃないって思ったけど、描いたご本人は腹黒さとは全く無縁そうな美しい奥様。確かにうさぎは悪そうけど、全体は春めいた淡く美しい絵に見えたよ。

私「私、ブログ書いているのだけどさあ、この絵載せてもいいかな?」

友人「いいわよどうぞ。でも私、あなたのブログに辿りつけないの。」

私「いいよ。別に読まなくても。じゃ、写真撮るね。」

彼女の日本画を撮ろうとしたら、一緒に映ろうとしたので、

私「あ、絵だけでいいよ。人はいらないっていうか、載ったらまずいでしょ。」

友人「そういうものなの?」

全くWEBとかSNSとかに関係なく生きているところも素敵。

彼女は残りの人生も日本画を友として生きていくんだろうなあ。額代は負担するから、家に一枚描いてよってお願いしたのに、すっかり忘れてる。

後日お礼状が届いたんだけど、そこには描いた作品を人に見てもらえるのは嬉しいって書いてあった。人は無意識を装っても、自分をどこかで表現してしまうもの。だとしたら堂々と自分を表現するほうがいいし、その術を持って人は本当に羨ましい。いい人生だと思うもの。