法隆寺散策のあと、門前のお土産屋さんに入ったら「白雪ふきん」がたくさんおいてあって、「え、なんで?」って一瞬思ったけど、「白雪ふきん」は奈良の物産品だったのよね。

もともとは蚊帳生地の余りをふきんにしていたのが、蚊帳の需要がなくなりてふきん屋さんに。

詳しくは「白雪ふきん」のサイトへどうぞ。

東急ハンズで売ってるけど、無地か、定番柄だけだったので、絵柄の種類がたくさんあって興奮してしまった。

前にも書いたけど、あまりにもパリッと糊付けされていて、くつくつ煮て糊を落とすのが面倒になって使うのをやめてしまった。

でも今回かわいい鹿の柄(奈良だけに)を自分用にお土産に買ったので、そういうこと面倒くさがらず、また使おうかな。

来客のとき、使ってたら、暮らしにこだわりのある人って映るだろうなあ。

朝、茶粥を食しながら、その丁寧な作りに感心してまい、食べること、住まうこと、暮らしをもっと大切にしないといけないなって思ってしまった。



9844d8b9.jpg



f819ccac.jpg