クローゼットのミニマム化進行中。

「私、ワンピース7枚しか持ってないの」って話をすると、かなりの確立で「フランス人の服10着みたいだね」って言われる。この本の影響力ってすごい!!

でも「ほんとに7枚なの?」とか、あまり信じてもらえない。このブログで書いていても誰も驚いてくれなくて、つまらないので試しにバイト先で写真見せてみたのね。

「うわぁっ!マジで」ってやっと驚いてくれた。やっぱり私、ミニマリストでいいんだ!

同僚「これだけ?秋冬モノだけじゃなくて?」

私「うん、そうだよ。ほんとにこれだけなの。だから100パーセント稼働してる。服に不自由してる人には見えないでしょ。」

同僚「まあ、本人目の前だしね。でも、ワイドパンツ切ってハーフパンツにしたとか、シャツの袖切って半袖にしたとかの話聞いたときは、服持ってないのか、ちょと変な人なのかとは思ったけど。」

私「それらの服ちゃんと着てるもん。そんな、おかしくないよ。」

同僚「下の箱には何が入ってるの?服?」

私「ううん、服は出てるだけ。下の箱にはアルバムとか思い出の品。30代、40代の写真はほとんど処分してるけど。」

同僚「思い切りがいいなあ。まあ、真似する気も起きないし、勝手にやってって感じかな。」

私「うん。そうする。驚いてくれただけで嬉しいから。」

ミニマムなクローゼットにしてから毎日全開して風と光を入れてる。これしかないお洋服だからとても大事にするようになった。一日着終わったら、きちんとブラシしてハンガーに掛けて戻すようになったし、お洗濯したらきちんと畳んでディスプレイしてる。

いずれはクローゼットの中に自分の持ちモノ全て収めたい。

自分としてはこれで必要十分だと思ってる。さすがにこれ以上減らそうとは思わないけど、いずれワンピース10枚だけにはしてみたい。