まだお片付けしてないの?

web整理収納アドバイザーのbeeです。アメブロからお引越ししてきました。今までアメブロでは自分の友人に向けて書いてきたので、あまり言いたいことが言えなかったので思い切って新天地でやり直すことにしました。 ネットの世界は年齢も性別も経験も関係なく自分を表現できる場。 私は自分の同世代±10歳の方々に向けて声を大にして言いたい! まだお片付けしてないの? このままじゃ人生終わっちゃうよ。 お片付けして大人可愛い人生を送らない? 年齢なんて自分についた記号や数字にすぎないでしょ。 お片付けして、お家を綺麗にして、大人可愛くなって、ローコストで暮らす知恵を持つ。 それを実践していくブログです。

お片付けができない人に伝えたいたった2つのこと。 1・お片付けができないのはあなたのせいじゃないの。お片付けの仕方を知らないか習ってないだけ。片付けや整理についての学術研究はなされてないの。だからちゃんとできるほうが不思議なくらい。 2・お片付けの基本はたった2つ。それを「こんまりさん」はときめきって言ったの。 じゃあ、どうするの?それはこのブログを読んでね。

節電

真夏日が続いています。


「へちま」はまだまだ伸びます。ただ、根から1メートルあたりは


すっかり枯れてきて、2メートル以上が葉と花でわさわさになっています。


結局のところカーテンとしてはあまり役に立っていませんが、


夏の風情があっていいです。


それと蜂がたくさんやってきて、もしかしたら養蜂の役に立っているとか……。


385d2e1c.jpg


来年も「へちま」か「ゴーヤ」を育てるとしたら、つるが伸び始めたところで、


つるの切り戻しを何度も行って、つるを増やしてから伸ばしていけば、


根から1メートルから2メートルのあたりが葉でわさわさになるのだと思います。


さて、へちまの実はあいかわらず一つだけ。


誰にでも簡単に育てられる「へちま」といえども実を結ぶといのが、


こんなに難しいこととは……・。











たった一つですが、ヘチマの実が大きくなりました。


当初の予定では実が鈴なりなって沢山できると勝手に思っていましたが、


やってみると実は今のところ一つだけです。


ヘチマの花は毎日咲いているのですが、みな雄花ですね。



f214dc2a.jpg


3456e3ed.jpg

「リン酸」が足りないらしいのですが、よくわからないので、取り合えずこのまままで。




台風6号が近づいて、蒸し暑い1日でした。つくづくエアコンの有難さを感じます。


少し前に2ちゃんねるで


【節電】テレビが報じない節電対策「節電にはエアコンを切るよりテレビを切った方が効果的」[11/07/16]


というスレッドを読みまた。


自分と同じよう考え方が野村総合研究所から発表されていて


ちょっと嬉しかったです。


スレッドには「テレビは切れるがPCは無理だ。」


「とっくにTVは節電してる、つーか見ない。 」


「PC止めて本でも読んでたほうがもっと節電できるだろw」


というコメントなどがあり、つくづく2ちゃんねらーは同じだなあと思いましたが。


(パソコン依存症という意味で)


まあ、本気で節電する気なら、2ちゃんねるなんか見るな!


ということになるのですよね。




さて、ネット中毒矯正のための編み物第2弾制作中です。


真夏なのにニットカフェの課題がまたマフラーって。今回はニット編みです。


できるまでしばらくかかりそうなので、その間はパソコンをつけている時間は確実に減りますね。



好きなこと 好きな物  


エアコンはつけてもテレビ・パソコンは消そう!


みたいなキャンペーンにならないかな。そうすればすごく協力できるのに~。




今日も暑い一日でした。


月に一度のフラワーアレンジのレッスンでサマーアレンジメントの作品です。
ffa9eeb9.jpg



グリーンが涼しげでひまわりが夏を感じさせます。


ただ、暑くてお花があまり日持ちしないのが残念です。




さて、パソコンの節電なのですが、


編み物の作品が一つできあがてしまうと、またネットを見てしまう日々に


戻ってしまいます。困ったものです。






暦の上では小暑ですが、昨日、今日と真夏日でした。


へちまはものすごい勢いで伸びています。毎朝花が咲いていて、夏の風情があっていいです。


へちまの葉が透けてリビングからみると綺麗だなとは思いますが、


もっと葉がわさわさにならないと、緑のカーテンの効果はないかな~。


もっとへちまを植えないと……来年は家をへちまで覆い尽くすくらいのことをしないとですね。



7ca23795.jpg



ad004284.jpg



↑このページのトップヘ