まだお片付けしてないの?

web整理収納アドバイザーのbeeです。アメブロからお引越ししてきました。今までアメブロでは自分の友人に向けて書いてきたので、あまり言いたいことが言えなかったので思い切って新天地でやり直すことにしました。 ネットの世界は年齢も性別も経験も関係なく自分を表現できる場。 私は自分の同世代±10歳の方々に向けて声を大にして言いたい! まだお片付けしてないの? このままじゃ人生終わっちゃうよ。 お片付けして大人可愛い人生を送らない? 年齢なんて自分についた記号や数字にすぎないでしょ。 お片付けして、お家を綺麗にして、大人可愛くなって、ローコストで暮らす知恵を持つ。 それを実践していくブログです。

お片付けができない人に伝えたいたった2つのこと。 1・お片付けができないのはあなたのせいじゃないの。お片付けの仕方を知らないか習ってないだけ。片付けや整理についての学術研究はなされてないの。だからちゃんとできるほうが不思議なくらい。 2・お片付けの基本はたった2つ。それを「こんまりさん」はときめきって言ったの。 じゃあ、どうするの?それはこのブログを読んでね。

体重を減らす

しょうがシロップを美味しくいただいたので、
50までにしておきたい3つのこと
今度はしょうがのコンフィチュールを作ることに。


しょうがは加熱したほうが、体を温める成分が強くなるそうです。


知らなかった~。生のすりおろしのほうがいいのかと思って


いました。


レシピを読んでいたら、あれ、これって、ジャムと違うの?


同じじゃね。と、思ってグーグル先生に聞いたら同じだそうです。


ジャムは英語でコンフィチュールはフランス語だそうで……。



今日、姫リンゴが見切り品で売られていたので、


しょうがと一緒に入れて煮ました。


これって、クリスマスの飾りとして売られているのかな~と一瞬迷いましたが、


とれもいい香りがするので、食べても大丈夫さ。







新じゃがの季節になるとポテトもちを作ります。50までにしておきたい3つのこと


ちょっと居酒屋風メニューみたいだけど、


おつまみとか、ちょっとしたおやつにおいしい。


じゃがいもを蒸して、皮をむき、バターと塩とかたくり粉を


いれて、こねてまるくして、バターで両面焼き色をつけて、


のりでまく。


話はすごく飛ぶけど、ロシア全体では、


ジャガイモの90%、果物の77%、野菜の73%がダーチャとよばれる


日本でいうことろの家庭菜園とか市民農園のようなところで作らてているそうです。


ロシア人は今でもじゃがいもをお店では買わないということですね。


旧ソ連時代のと食糧危機が起った時、政府から土地を分け与えられて、ダーチャで


作物を作って乗り切った名残だそうです。ロシア人恐るべし。


江戸の飢饉を救ったのは「さつまいも」だし、旧ソ連の食糧危機を救ったのは「じゃがいも」


つまりこの2つの作物を自給できればいいのか~。


なんとかしたいな~。






スターバックスに五穀マフィンがあって、50までにしておきたい3つのこと


そうか~いつもご飯に入れている、


雑穀をマフィンに入れてみればいいのかと


思って作りました。


食べてみると、雑穀はほぼ生のままで「がりっ」ってきます。


「ナッツが入っていると思って」といったら、


「ハムスターじゃないんだから」と息子に言われました。


でもマフィン作ってテーブルに置いておくと朝なくなっているから


やってることはハムスターみたいじゃん!


雑穀マフィンに入れる雑穀は事前にゆでたりしておくのかな~。


4c96865d.jpg


午前中に作ったスイートポテトが美味しそうにできなかったので、作り直し。


でも、金時いもから紅あずまになっちゃったし、生クリームもなくなったので、牛乳に。


そのかわりグラニュー糖を蜂蜜ときび砂糖にかえました。


今度はちゃんと生地がもったりとするまで練ってから形を作ってみたけど、ちょっとおまんじゅう風味。


いつもさつまいも輪切りにしてふかして食べていたのですが、50までにしておきたい3つのこと


家族から「芸がない!」と「なんか工夫とかできないの」と

言われたので、じゃあ、スイートポテト作ってみますか。


                           できあがり→


うーん、見た目はあまり美味しそうじゃない。


金時いもと生クリームと砂糖とバターと卵黄で作ったから、


味は美味しかった。


見た目が美味しそうじゃないのは、さつまいもの全部


つぶさなかったのと、水分をとばしてよく練らなかったので、なめらかに形が作れなかったから。


こうして出来上がりを写真にとってみるとちょっと恥ずかしい。


次はもっと上手に作ってみます!





↑このページのトップヘ